2012年09月25日

呼吸器の構造

呼吸器の構造について調べてみました。
呼吸をするのに必要な臓器を呼吸器といいます。呼吸器は外気と直接つながっている、鼻から肺までの器官のことで
外界から近い順に大きく分けて気道、肺、胸郭の3つの部分から構成されています。
気道は、鼻からのどの部分である上気道と、のどから下へ向かう気管が肺の中で枝分かれして終末細気管支になるまでの下気道の2つに分かれます。
肺は左右に一つずつあります。右の肺は上から上葉、中葉、下葉の3つに分かれていますが左の肺は上葉、下葉の2つだけです。
左右の肺はそれぞれ心臓と二本ずつの血管で結ばれており、それが右肺動脈と右肺静脈、そして左肺動脈と左肺静脈です。
胸郭は肺を保護し、収納するための骨格で、肋骨、脊柱、胸骨と肋間筋、胸膜などから構成されています。
ロングブレスダイエット やり方についても調べてみましたので参考にしてください。
posted by 枝豆 at 05:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。